無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

エライ先生を激怒させたMRさん&キレイ系MRさんとボロボロな私。

rshwh

こんばんは。今週も始まりましたね。

毎度、フルパワーで働いてきましたよ。

職場に、サバサバ&ときに毒舌のおばちゃんナースがいるのですが、私はこの方としゃべるのが楽しみです。
(仮にSさんとします)

50代後半くらいかな?

アクティブな方で、ダンスが趣味なんですが、そのために海外まで行っちゃうような方です。

今日、職務上のことで愚痴りたくなるような出来事があり、うじうじしていたら、Sさんが私が言い淀んでいたことをズバズバ言ってくれて、爽快でした。

もう、嫌な気分も吹っ飛び!!

ありがとうSさん!!あなたの毒舌に助けられました(*´∀`)

ホクホクで帰宅しようとしたところ、ちとブルーな気持ちになったのでそれについて書いてみます。

スポンサーリンク

MR・医薬情報担当者という仕事。

みなさん、MRさんという職業を知ってますか?

医薬情報担当者(medical representative、MR)とは、医薬品の適正使用のため医療従事者を訪問すること等により、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な業務として行う者のことを指す。

参考:医薬情報担当者

すごくカンタンに言うと、製薬会社の営業の人です。

病院やクリニックを回り、医師に薬剤情報の提供をしたり、薬で有害なことが起きていないかのヒアリングをしたり、パンフレットや販促のノベルティグッズを配ったり、勉強会を開いてお弁当を配ったりします。←後半の2つはどうなの(笑)

どアホな私に、薬についてレクチャーしてくださり、どアホな質問にも笑顔で答えてくれます。海外の文献も添えて、どアホな私に丁寧に説明してくれます。

どアホな医師にも丁寧・親切なMRさん。

いろんなMRさんがいると思いますが、私が今までに出会ったMRさんは、デキる医師にも、私みたいなどアホな医師にも、分け隔てなく接してくれました。
(まあ、それが仕事なんだけど)

ただ、優秀なMRさんは不勉強な医師のことは見抜いていると思います。

どアホな質問したり、説明にカタチだけうんうん頷いている時点で、「あ、このドクター、どアホだな」と思われるわけです。

優秀なMRさんは、目の前の医者がどアホだと気づいても、もちろん丁寧・親切モードで対応します。

やらかしてしまったMRさんの話。

研修医時代にいた病院で、あからさまに、役職付きの医者と下っ端の医者で態度を変えるMRさんがいましたが、評判悪かったですね。

大学病院で聞いたのは、医者には笑顔で腰が低いのに、秘書さんに電話するときに態度が悪いMRさん。

あるとき、秘書さんが不在で、近くにいた女医さん(けっこうおエライさん)が電話を取ったのですが、とんでもないナメた口調だったそうで、激怒していました(汗)

・・・背筋の凍る話です(´Д`;)

このMRさんは出入り禁止になったとか、ならなかったとか。←不確か

こういう人って、「俺はちゃんと使い分けてるから」と思っていても、どこかでボロが出るリスクがありますので、気をつけていただきたいですね。

今の病院に出入りしているMRさんは幸い、非常識な人はいません☆

まあ、医者の方が低姿勢なMRさんに横柄な態度に出る輩が多そうですけどね。

これまた幸いにも今の病院には、MRさんに感じの悪い態度をとる医者はいません☆
(ほんとよ、ほんと^^)

スポンサーリンク

MRさんの一日のスケジュール。

MRさんは毎日、いろんな病院やクリニックを営業で回ってるんだろうな~。

営業先にムカつく医者とか1人くらいはいるだろうから、飲み会で愚痴ってたりするんだろうな~。
(※個人的な勝手な想像です)

そんなMRさんの、とある一日のスケジュールはこんな感じらしい。

mr1

参考:MRとは

営業で外回りが多いので、自由になる時間も多いようですね。

自宅が近くだと家で昼ごはんを食べたり、営業周りの合い間にスポーツジムに行ったりすることもあるそう。

遊びすぎると成績に響くでしょうから、資料をまとめたり、アポの電話を入れたり、優秀な方は忙しくしているのかも。

外回りが多く、残業をつけられないので、外回りの日には一日3,000~4,000円の手当がつくそうです。
(会社によって違います)

MRさんの年収は??

そんなMRさんはどれくらい稼いでいるんでしょうか??

sales08

MAXの年収も書いてありますが、外資系で営業成績のいいMRさんなら、20代で1,000万円超も可能なようです。

キラキラMRさんがまぶしくて・・・。

MRさんについて長々と書きましたが、仕事を終えて病院を出たところ、MRさんが待っていたんですね。

とある製薬会社の担当MRのAさんが転勤でどエライ遠くに行っちゃうことになり、新しい担当Bさんを紹介するために、病院から出てくる医者に声をかけていたようです。
(営業さんは大変です^^;)

その新しい担当のBさん。

20代半ばで、スラッと背が高く、キレイに髪をまとめていて、かっこいいパンツスーツ姿。

お肌ぷりぷりな上に、上品でいて華やかさのあるメイク。

夏の太陽よりまぶしくて、どブスの私は泡となって消えて無くなりそうになりました。
(※ごっつええ感じの半魚人より)

MRさんは、男女ともに、シュッとしている方が多いです。いかにも仕事のできそうな人ばかり。

社交的でトークもうまいし、人を乗せるのもうまい。

身なりもぱりっとしていて、男女ともにキレイ目のタイトなスーツを着て、手入れの行き届いた靴を履いて、素敵な腕時計をしています。

そのとき私は・・・。

キラキラのBさんに相対したときの私の格好は以下の通りです。

・トップス⇒3年ものの色あせたチュニック
・上着⇒2年もののユニクロのカーディガン
・ズボン⇒2年ものの履き古して、裾の糸が飛び出したズボン
・靴⇒運転でこすれて踵が禿げたぺたんこパンプス
・髪の毛⇒前頭部がハゲてる
・肌⇒ガッサガサ
・体型⇒だるんだるん

し、死にたくなりました。。(涙)

比べちゃダメですけど、比べたら違いすぎて笑っちゃいます。

唯一、私が有利なポイント。

私はボロボロでもモウマンタイなのに対し、MRさんはある程度、身なりや車に気をつけなければいけないので、そのために、出費がかさむので、その分貯金できることだけが私の有利なポイントです。

一般的な会社員の方と比べても、そのたぐいの出費は少ないと思います。

「身なりボロボロ貯金術」

ハートの強い方はぜひお試しください(*´台`*)ほっげ~

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)