無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

入会で12000円分もらえる!&驚異の還元率リクルートカードプラス。

fwhoqw3

注)12,000円分の特典は終了していますが、10,000円分でも他のカードと比べると大きな特典です。またキャンペーンをやると思うので、いいタイミングで申し込んでくださいね☆

こんばんは。

今日は通常記事の合い間に急ぎのオトクネタです。
(昨日アップした記事も見てくださいね^^)

秋の海外旅行の支払いが近づき、クレジットカードの見直しをしていたんです。

ちょっとクレジットカードなどの情報に詳しい方なら常識ですが、現在還元率の高さで注目されているカードは主に以下の3つです。

※リーダーズカードも還元率1.8%と高いですが、普段あまりAmazonを使用しないため外しています。

今回、ワタクシ、新たなメインカードを決めかねて、

3つとも申込みました(・∀・*)てへ

経緯や考えたことはまた改めてまとめたいのですが、リクルートカードプラスの入会時特典のキャンペーンが本日までなので、急ぎで記事を書きました!!

詳しく後述しますが、9月19日~9月23日まで、いつもは10,000円分の特典が2,000円分アップして、12,000円分となっています。

こりゃオトクっ(*´∪`*)

スポンサーリンク

3つのカードのうち、どれが一番オトクか??

クレジットカードの支払額がどれくらいか、税金を支払う機会が多いか、家族カードは必要か、還元ポイントを使う機会があるか、が主なポイントです。

細かいスペックの比較はこちらのサイトが分かりやすいです。

表の中で注目してほしい部分や、注意ポイントは以下の通りです。

①漢方スタイルクラブカード:年間支払額に応じてさらにポイントがもらえる、nanacoのチャージでポイントが付く。還元はJデポ、支払額から引いてもらえる。

②レックスカード:年間支払額に応じて年会費が無料になる。nanacoのチェージでポイント付与できない。還元はJデポ、支払額から引いてもらえる。

③リクルートカードプラス:初年度から年会費がかかる、家族カードは有料、JCBブランドしか無い、nanacoのチャージでもポイントが付く、還元はリクルートポイント(※後述)のため、使用対象が限られる。

クレジットカードでnanacoにチャージし、税金などを支払うオトクワザは、業界(?)では有名ですが、私も参考にさせていただき、アドバイスをもらったneronaさんの記事に詳しいので見てください。
(neronaさん、その節はありがとうございました^^)

参考:nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するときに気をつけること

スポンサーリンク

リクルートポイントは使い勝手が悪い??

今回おすすめしているリクルートカードプラスでは、還元が「リクルートポイント」で行われます。
(1ポイント=1円)

聞き覚えの無いポイントですよね。

これがネックで、リクルートカードプラスは「高還元率だけど使えないカード」とされてきました。

私もそう思っていたのですが、対象のサービスなどを確認したところ、「これ、けっこう使えるんじゃないか」と思いました。

参考:リクルートポイント「ポイントが貯まる・使えるサービス」

これだけあれば、どれか使うでしょ??

ポンパレモールは、なかなかの品揃えですし、書籍なんかはどこで買っても同じなので、合計5%還元されるこのサイトはオトクです。

ホットペッパービューティーで「ポイントの使える店舗」となっている美容院を検索し、行動範囲内にあれば、そこの支払いに使えます。

ホットペッパーグルメも同様に、「ポイントの使える店舗」をチェックしてみましょう。私の居住地は地方ですが、家から車で15分圏内に11店舗も使える飲食店があります。しかもよく行くお店がその中に☆

それでも使い道が無ければ、オイシックスで新鮮で美味しい野菜をオーダーするのも手です。

リクルートポイントとPontaポイントの相互交換が開始。

リクルートポイントには種類があり、初回の特典でもらえるポイントは「期間限定の共通ポイント」なので、上記のサイト内でしか使えませんが、カード支払いで付いた「通常の共通ポイント」はPontaに交換できます。

これはこの8月から始まったサービスで、「リクルートポイント 1ポイント=Ponta 1ポイント」と等価交換できるようになりました。

参考: Pontaポイントとリクルートポイントの交換がスタート!

ローソンやゲオで使用できるので、「コンビニに行くならローソンが一番多い」「レンタルはゲオを利用」の私にはベストでマストなポイントとなります。

ポイント利用のために、今まで行かなかったコンビニに行くなどは本末転倒なので、今までの使用頻度の中で消費できそうな人におすすめです。

私はマンガのレンタルで、ゲオに最低でもひと月1,000円は使います。ローソンはからあげくんの虜なので、ひと月に最低でも2,000円は使います。

合わせて年間36,000円は使います。

これだけのポイントを貯めようと思ったら、年間180万円が必要です。
(ポイント2%還元で単純計算)

180万円くらいは、光熱費、税金、各種買い物、旅行などで使うと思いますが、要するに、還元で付いたポイントを使い切れないことはさすがに無いだろうと言いたかったのです。

リクルートカードプラスは入会特典で圧倒的にオトク。

初年度から年会費がかかるなどを挙げて、リクルートカードプラスは不利だと書いているサイトがありますが、そもそも入会時にめちゃくちゃオトクなので、それを考慮に入れないといけません。

現在、リクルートカードプラスは入会特典2,000ポイントアップ中です。

fwhoqw

各カードの入会特典を最大限もらうためには、以下の条件を満たさないといけません。

①漢方スタイルクラブカード:合計6,300円の特典
⇒3ヶ月以内にショッピング10万円以上で5,000円分のJデポ、サービス登録で1,300円分のJデポが付与。

②REXカード:合計4,300円の特典
⇒3ヶ月以内にショッピング10万円以上で3,000円分のJデポ、サービス登録で1,300円分のJデポが付与。

③リクルートカードプラス:合計12,000円の特典
⇒何もせずに7,000ポイント、2ヶ月以内のカード利用(金額は問わず)2,000ポイント、携帯電話料金の支払いで3,000ポイント付与。

まずは、①②でリボ払いにすると1,000円分もらえる特典がありますが、

これだけは死んでも登録してはいけません!!

1,000円もらっても大損ですので。リボ払いをするような人はクレジットカードを所持すること自体を見直しましょう。
いろいろ条件がありますが、3ヶ月以内に10万円が引っかかる人もいるかもしれません。

リクルートカードプラスでは、何もせずとも7,000ポイントもらえました。

fwhoqw2
↑しかも9月19日に申し込んで21日に付与されました(早っ)

リクルートカードプラスは、初回特典ゲットのハードルが低く、トータル額も大きいです。

少なくとも年会費4年分はチャラなので、入会後数年間の使用中にはリクルートカードプラスの年会費は不利なポイントとはなりませんね。

同じカードを5年も使い続けることはおそらくない。

長く使っていると、この初回特典のうまみも消えてなくなりますが、そもそも、そんなに長い間、同じメンツのカードを使うことは無いでしょう。

私の場合、ここ3年ほどは、以下の2枚のクレジットカードを活用していました。
(他にも作りましたが、入会時のキャッシュバックやキャンペーン目的で、使わず放置していました)

・イオン系の買い物⇒イオンカードで、優待キャッシュバック3%(イオン株100株保有時)、ときめきポイント0.5%

・各種公共料金支払い、ネットショッピング、リアルのクレジットカード支払いなど、あらゆるもの⇒楽天カードで1%ポイント還元

以前の記事にこんなことを書いていました。

何かの記事で読んだのですが、現在、年会費無料のクレカが増え、一人で複数枚所持することも増え、クレカ作成後に使用がほとんどないカードが増えているそうです。これはカード会社にとっては不利益。今後は、年会費がかかるが、その分、優待内容を充実させたカードの利用拡充を、とカード会社は考えているとか。

過去記事:クレジットカード活用で気をつけるべき6つのこと&尊敬するFPさん。

手持ちカードの見直しは数年おきに必要。

この通り、高還元率をうたうカードが続々出てきて、リクルートポイントのPontaへの交換開始など、そのサービス内容も充実してきています。

今後も数年のうちに、ライフスタイルの変化や、新しいクレジットカードの登場、既存のカードのサービス内容変更などにより、手持ちのカードの見直しをする必要が出てくるでしょう。

なので、今のところはリクルートカードプラスがメインカードで損は無いかなと思っています。

もちろん、イオン系の支払いはイオンカードでします。そして、前回記事で書きましたが、楽天の支払いはリクルートカードプラスですることにします。

年会費を払うのはゼッタイ嫌という方へ。

カード支払額が少なめ、年会費を支払うのはゼッタイ嫌、解約し忘れそうな人は、年会費無料で、還元率1.2%のリクルートカードもアリです。

こちらはVISAブランドも選べます。VISAを選択すると、ETCカードが有料になるので注意です。また、VISAブランドだと、nanacoチャージでポイントがつかないので注意です。

入会時の特典はリクルートカードプラスより3,000円分少ないので、活用できなかったら1年以内に解約すること前提でプラスの方の申し込みをおすすめします☆

1年のうちに見極めれば損は無い。

冒頭で書きましたが、オトクで有名なカードを3つも申し込んだ私。

最初は「リクルートカードプラスはイマイチかな~」と思っていたので、他の2つのカードを申込みましたが、今はリクルートカードプラスが本命になりそうです。

くれぐれも12,000円分もらえるのは今日中なので、興味のある方は急いでくださいね。
還元率2%のリクルートカードプラス

レックスも漢方も初年度は年会費無料なので、しばらく使い勝手など検討して、1年のうちに不要なカードは解約するつもりです。

クレジットカードは奥が深いので、また書きたいと思います。

ここまで長い文章を読んでくださってありがとうございました!!

どーもヾ(´ω`=´ω`)ノ どーも

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)