無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

転職しないどころか退職することにした&年収が400万円減るよ~。

fgiewi

こんばんは、くるみもち(@kurumimochi712)です。

みなさま、GWいかがお過ごしですか?

私は友人の結婚式の出席で、先週末から遠方に行っておりました。
2泊3日で、式に出席しないにいやんも一緒に。←可哀想で置いていけない(汗)

今年一番の人付き合いイベントでした。しかも、新幹線で移動しないといけないようなところだったので、心身ともに疲れました。まじで体力無いです。

出席した他の友人たちは、2次会、3次会まで行ったらしい。すごい。友人の旦那さん側の知人など、初対面の人がたくさんいる会でしたし、いろんな意味でムリかな(汗)

小旅行の後半は、にいやんとその地を観光し、美味しいモノを食べました。

今日は当直で、あとは連休らしい連休は無いですが、飛び石でも休めるのでありがたいです。

スポンサーリンク

出稼ぎのクリニックについて。常勤の打診。

先日、下記の記事を書きました。

雇用主との話し合いの詳細&収入を優先するか、ストレス緩和か。
夫の金銭感覚がおかしくなってきた件&転職はしないことにしました。

雇用主より提案され、出稼ぎ先をメインにすること(転職?と呼ぶのかは分かりませんが)を検討していましたが、結局現状維持することにしたという話です。
(書くときの精神状態によって考えが変わってしまうので、記事内容が右往左往してしまって、すみません)

その詳細と経過を書き留めておきます。

私が「出稼ぎ」と呼んでいるのは、とあるクリニックの非常勤勤務のことです。いろんな科の医師が在籍しており、外来業務と往診業務を行っています。

常勤の先生もおられましたが、私は週に1回の非常勤医として働いていました。私の専攻科目(A科とします)は、もう一人、非常勤ですが週に3回勤務している先生がいました。

この先生が辞めて開業することになり、私に常勤の打診があったんです。

スポンサーリンク

以前から勤務時間を減らすことを考えていた。

私は、過去のブログで(ブログ引越し後、まだ全部は再公開できていませんが)、何度もこの出稼ぎを辞めたいと書いてきました。

現状としては、常勤が週に4日半勤務+当直が月に6回(当直は1回16時間)。
(多いときは、ひと月に8回の当直の月もありましたが、今は6回に落ち着いています)

残業が無ければ、9~17時勤務で、ハードな科や病院の医師からすれば、かなりラクではありますが(^_^;)

加えて、出稼ぎが10~17時勤務。短時間労働ですが、クリニックは自宅から遠方にあるため、自宅の玄関からクリニックまで、車・電車・徒歩含めて片道1時間半かかります。

体調がいいときは、さほど辛いとも思わないのですが、どうしても状態に波があるので、しんどい時期が長引くと、出稼ぎ先を欠勤してしまうことがありました。平均して2ヶ月に1回くらい病欠してしまっていました。雇用主にはその度に「発熱のため」、などと説明していました。過労は過労でしたが、精神的にしんどいとは言えず。。

私が休むと、職員さんにも、患者さんにも迷惑をかけるので、何度となく、出稼ぎ先に退職を申し出てはいました。
(勤務時間を減らすには、通勤や今後の仕事のことを考慮すると、常勤先1本にするのが一番だと、私も思っていたし、にいやんも同意していましたので)

勤務についての話し合いで、雇用主より、今くらいの欠勤なら大きく業務に支障は無く、いざというときには常勤の医師でカバーするので気にせず勤め続けてほしい、と言われ、流されやすい私はずるずると勤務していました。
(代わりの医師が見つかれば辞めても良かったのですが、そのときは、探しているけど見つからないと言われていました)

変な思い込みと、訪れた転機。

この3月に精神的にかなりおかしくなり、薄毛の悩みも手伝って、「常勤先を辞めなければならない」と思い込み始めました。思い込み始めると、誰にも止められません。

そこに、出稼ぎ先から、「週3回勤務の医師が辞めることになったので、代わりに常勤にならないか」との話が持ち上がりました。

提示内容はこんな感じ。

週に4日半勤務。勤務時間は10~17時で、1時間休憩あり。年収1,400万円。当直無し。

これだと、トータルの勤務時間はググーっと減ります。ただ、通勤が大変なので、クリニック近くにアパートを借りて、今の家と二重生活せざるをえないと思われました。

「常勤先を辞めないといけない。出稼ぎをメインにしなければならない」との思い込みに囚われていた私。

にいやんを巻き込んで、新居の候補となる土地を見に行き、スーモで賃貸物件を検索し始めました。また、全体としては収入が減るので、何度も家計のシミュレーションをしました。常勤先の上司に退職を願い出る脳内シミュレーションも(汗)

思い返すと、必死すぎてコワかった。。
(;´Д`)あひぃ

彗星のごとく現れた救世主。

その後、上記のおかしな精神状態から目が覚め、そのタイミングで、A科の常勤を希望する医師が見つかったとの話が。

今までずっと「代わりの先生がいないので」と言われていたので、ホントに求人してるんかな、と思っていましたが、してたみたいです。

渡りに舟です。その医師が、前任の医師と私がしていたA科の業務を全部こなせるようなので、この際、すっぱり辞めることにしました。

「勤務形態など、常勤先や夫とも相談しましたが、通勤時間が長いことが体調に影響することが懸念され、今後子供を持つことなどを考えると、自宅近くに勤めたいと思います。今までお世話になってきたことには感謝しています。私がお力になれることがあれば、またよろしくお願いします」と、お伝えしました。

後任の医師はすぐにでも働けるとのことで、私の希望もあり、話し合いの同日に引き継ぎをしました。突然の展開だったので、職員さんや患者さんへの説明は心苦しいところもありましたが、自分自身の健康も大事にしていいよね、って、自分に言い聞かせました。

収入減について考える。

出稼ぎを退職すると、その分のお給料が減ることになります。
以下は去年の給与額です。

fycqewfw32

出稼ぎの年収が 4,257,720円、その手取りが 3,436,400円でした。

月額にして、手取り約28万円。
これが、すっかり無くなります。

これは、にいやんの給料の2倍くらいの額です。
あはは(*´∀`*)

明日は当直を終えたら休みなので、今後の家計について考えるつもりです。

長くなりましたが、私のぐだぐだ話に付き合ってくださりありがとうございました☆
(辞めることにして、スッキリしてます^^)

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)