無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

フォローしてもらっても感謝の無い人&そこまで割り切れないけど。

srsr

今日は、同期女医さんが、非常勤の先生への不満を漏らしていました。

1週間に1度しかこない先生が何人かいるのですが、そのうちのX先生のこと。

このところ、X先生の患者さんの状態悪化や処方ミスなどの対応に、連チャンで同期女医さんにお鉢が回ってきたようです。

それ自体は別に何も問題は無いんです。

ただ、何度もフォローすることが続いたのに、X先生は同期女医さんと顔を合わせる機会があっても、全く反応が無かったそうなんです。

「先週は○○の患者さんの件、ありがとうございました」

って、ひと言あればいいんですよね。

スポンサーリンク

フォローしてもらったら、感謝の意を示したい。

どんな仕事でも、複数で働いている場合は、不在のときに誰かにフォローしてもらうことはあると思います。

不在のときは代わりの人が対応するのが当たり前なので、いちいち上記のようなことを言わない、というスタンスの人もいるでしょうが。

言った方がお互い気持ちよく仕事ができるのは分かりきっています。

あまりに微細なことで、毎回声をかけるのは、やりすぎ。窮屈すぎると思います。
どの程度でお礼の言葉をかけるのか、加減が難しいかもしれません。

でも、今日聞いた話では、X先生が配慮なさすぎだと思いました。

患者さんの容態に係わるようなミスではありませんでしたが、けっこうな労力を使う対応を同期女医さんが立て続けにしていました。

カルテに署名があるので、誰が対応したかは見たら分かります。

私もX先生にはコミュニケーション上で、いい印象を持っていなかったので、この話を聞いて、少々不快になりました。

スポンサーリンク

理想が高くなっているのかもしれない。

他の常勤の先生が丁寧すぎるのかも?

ベテランの男性医師は、当直時に私がちょっとした対応をしたくらいで、翌日に会ったときには、「昨日は助かりました」と声をかけてくださいます。

こんなヘボい対応で申し訳ございません!と思うくらい、若輩の医師にも丁重な話し方をされます。

この先生が丁寧すぎて、他の先生に求める理想が高くなっちゃってるのかも?

自分が何かしていただいたら、きちんとお礼を言うタイプだから、X先生のことを気にしてしまうのかもしれません。

鶴のひと声で、心のモヤモヤがあっさり解決。

何人かでワイワイ話しているのを聞いていた、別のサバサバ系アラフォー女医さんは、

「そういう人もいるよ。気にしないこと!」

と、アッサリ。バッサリ。

まあ、よく考えたらそうなんですけどね。
注意したって、30過ぎまでに形成された性格は変わりませんしね。

そもそも、いい大人に誰も注意しませんしね(笑)

その場では同期女医さんの話に同調しましたが、今こうやって書いてみると、なんかどうでもいいな、と思っちゃいました。

自分が自分でやりたいように振る舞えばよくて、他の人の振る舞いにはわざわざ感情を揺るがしてエネルギーを使う必要もないですね。

私は円滑に仕事がしたくて、そのために、感謝の気持ちを伝えるのが良いと思っています。

サバサバ女医さんほど割り切れないけど、今日みたいな話に一瞬イラっとしても、すぐに自分軸に戻るようにしよう。

今日の夜はブリ大根にしました。
甘辛い味付けのおかずでごはんが進むくんな私でした。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)