無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

ネガティブ・クソ野郎の心に灯った明り&高級温泉宿でレッツ・散財!

1e025943

こんばんは。

毎度、仕事だけはやりこなしている日々でやんす。

淡々と時間が過ぎています。

虚しさは常に感じる感情です。

そんな中でも、心にほわっと明りが灯るような場面に出会うことがあります。

それを感じることができている私は、コンプレックスの塊で、ネガティブ・クソ野郎だとしても幸せなのかもしれません。

ほわっと灯った明りの暖かさを長く感じる力が乏しいので、その場限りになってしまうことが多いですが。

ただ、それに気づくようにアンテナを張っていると、明りはいくつも灯っているようです。

今はそれに気づけるだけのエネルギーは戻ってきています。

スポンサーリンク

若い女の子にドギマギしたスタッフ一同。

今担当している外来患者さんの中に、入院時かなり病状が悪かった若年の女性患者さんがいます。

初期治療には苦慮しましたし、病気だけでなく、彼女を取り巻く環境が粗悪だったことも問題で、いろいろな人に介入いただいてやっと退院できました。

その後、状態が改善して、今日、久しぶりに調理にチャレンジしたとのことで、カップケーキを作って持ってきてくれました。

当時よく彼女に関わっていたスタッフでそのカップケーキをいただきました。

すごく美味しくできていたので、「○○さん、すごいね!お店で売ってるやつくらい美味しかったよ!」と声をかけました。

すると、ハタチそこそこの彼女は、

「いや、そんなことないですよ。そんな風に言われたら照れますよ~(汗)」

と、頬を赤らめておりました。

その姿に、スタッフ一同、「○○さん、可愛いなぁ~」「ほんとほんと」って大盛り上がり。

そしたら、彼女はさらに真っ赤になって、

「全然そんなこと無いです。マジで照れます。」

と、困っていました。

その純朴さに、つられて、スタッフもドキマギしてましたね。

病気のためにできなかったことが、1つでも叶うようになって、良かったなぁと思いました。

まだ若い彼女。

以前一緒に住んでいた男性がギャンブル狂のカス(彼女の表現ママ^^;)だったそうで、「今度は素敵な男性を見つけなよ~」と、年上のお姉さまNSたちがアドバイスしていました。

病状が落ち着いた状態を維持できるよう、できることがもっともっと増えていくよう、今後も診療に励もうと思った一日でした。

ネガティブ・クソ野郎は、クソなりに頑張っております~。

スポンサーリンク

高級な温泉宿に泊まってやると決めた妻。

以前、休みがなかなか合わないことを記事しました。

参考:夫をガックリさせてしまったこと&仕事の休みが合わない夫婦は??

とくに、連休を合わせるのはなかなか難しいです。

土曜が通常勤務日なのが痛いです。

そこで、今回は他の出勤日に振り替えて、土曜を半日勤務とし、1泊2日で温泉旅行に行く案を出してみました。

にいやんはもう乗り気で。ウキウキです。

日ごろの感謝をこめて、フンパツしてやろうと思いまして。

温泉の「露天風呂付きの部屋」のある宿を予約してやることに。

温泉が好きで、「温泉」と聞くだけで、ニヤニヤするにいやん。

部屋に専用の露天風呂が付いていると話すと、鼻血を出して倒れました。

あ、ウソです。

でも、それくらい興奮していました。

「温泉!温泉!」とこだわりを主張する夫ですが、きっと普通の大浴場にヒノキの香りのバブを仕込んでブラインドで浸かったら、天然の温泉かどうかなんて区別できない人なんですけどね。

宿のお値段にひるみつつも、興味津津な夫。

夕食は美味しい海の幸、「ふぐ」も食べられるそうで、ふぐをマトモに食べたことのないにいやんはこれまた興奮。

トドメに「1泊2日、2人で9万円」と伝えると、泡を吹いて倒れました。

あ、これもウソです。

「そんな高いところはやめとこ(´・ω・`;)」

と言うわりに、熱心に宿のサイトに見入っていましたね。

自分以外の人のために散財するのは、なんだか気持ちがいいもんだ。

てなわけで、来月、1年間おつかれさま的なタイミングで行ってまいります。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)