無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

給料は減るけれど得るものもある&にいやんとの馴れ初めについて☆

egfewg

こんばんは。
ただいま当直中です。

夜の病棟周りの前に仮眠を取ったので、こんな時間に頭スッキリです。

当直のおともは「マルハニチロ」のゼリーです。

「たらみ」のゼロカロリーゼリーが大好きなのですが、こちらのも美味しいです♪

どちらも、本体のゼリーに、ナタデココや果肉が入っていて、一度に3度くらい美味しい商品なのですが、「たらみ」の方は、ゼリー自体が弾力があり、ナタデココ、こんにゃくボールと共に、歯ごたえが楽しめます(*^^*)

「マルハニチロ」の方は、ゼリー自体はとろけるような食感で、果肉と相まってフルーティ&ジューシーです☆

どちらもコンビニで売っているので、気になる方は一度お試しください。

スポンサーリンク

給料は減るけれど得るものもある

さてさて。

過去記事に書いた勤務日数の件ですが、今月から無事に週4日の勤務となっています。

週に常勤先4日、非常勤先1日と、1カ月に1度あるかないかのペースで講義が1日、となりました。

当直は変わらず、5コマ程度と思われます。

そして、

勤務日数が減って、給料は据え置き。

・・・なワケにはいきまへんわな。

今月から、常勤先の給料は減ります。

どのくらいかと言うと、たぶん7万円くらいだと予想されます。

ななまんえんかぁ・・・。

大きい額ですよね・・・。
グスン(´_`。)

ゼイタク言ってんじゃねーよ!!

って、思いますが、

ななまんえんかぁ・・・。

チロルチョコが7千個買える額ですからね・・・。
↑しつこいしつこい(笑)

まあ、その分、自分の時間が増えますし、体も休まりますし、緊張を強いられる時間が減るということで、メリットも多いと思われます。

今週さっそく、木曜が一人休日となるんですが、ブログタイトル通りの人間なので、家の掃除をして、講義のリハーサルをするくらいしかすることがありません。

いつもできない、リアルタイムでの株取り引きでもトライしてみようかな。

掃除はやり始めたらキリが無いので、一通りカンタンに済ませて、ちょっと断捨離でもしてみよう。

楽しみにしていたNARUTOがもうすぐ読み終わってしまうので、次に読むマンガを検索してみよう。

料理は面倒なので、いつも通り手抜きにしよう。
(あ、これは書かなきゃよかった 笑)

休みが増えることで、余裕が出て、今以上ににいやんに優しくなれるといいなと思います。
(「今以上に」というところがポイントですよ^^)

7万円分の過ごし方をこれから模索していきます♪

ルンルンの私の一方で、医師不足の勤務先。

私が1日勤務を減らすことで、カツカツだったのが、誰かが1日病欠したら大問題になるほどに「ギリッギリ」になってしまうようです。
(患者数に対して、医師何人などと定められています)

焦った事務長から、「いつ勤務日数を戻していただけますか?」と言われていますが、聞いてるフリだけして、しばらく忘れておくことにします。

医師を確保していない勤務先も悪いんだ~!
そうだ、そうだ~!!

(責任逃れ^^;)

スポンサーリンク

夫との馴れ初めについて書いてみた。

私たち夫婦の馴れ初めを知りたいと仰る奇特な読者さんが何名がおられたので、過去に書いたことはあるのですが、もう一度振り返ってみます。

キモいから読みたくないという方はスルーしてくださいね(爆)

18歳のとき、志望大学に落っこちて、浪人生となった私。
ときを同じくして、にいやんも浪人生となっていました。
(同学年です)

私はとある予備校の寮に入り、そこから通学していました。
にいやんは同じ予備校に自宅から通学していました。

私は理系コース、にいやんは文系コース。

文系コースの人たちとは、予備校での接点は乏しかったのですが、私は寮生だったので、同じ寮に住む文系コースの子たちと仲良くさせてもらっていました。

ときどき理系・文系が一緒に集まるイベントがありまして、寮に入っていない文系コースの子たちと知り合いました。

にいやんもその場にいたんですよね。

当時のにいやんは、本当にブサイクで、ダサくて、まるでそういう対象ではありませんでした。

私も人のことをそんな風に言える顔面ではありませんが、その私が上記のように言い放ってもいいくらい、ブサイクで、ダサかったのです。

ときどき、集まったり、予備校ですれ違って挨拶をしていましたが。
出会ってけっこうすぐに、にいやんが自分に好意を持っていることに気付きました。

若さのあまり、根拠の無い自信にあふれ、高慢ちきだった私。
ついでに、高校時代のまあまあイケメンだった元彼との恋愛を引きずっていた私。

付き合う相手としては考えられないなぁ~と思いましたが。

いいおもちゃができたな、
と、ニヤリ。

当時は腹黒い人間でした(笑)

ヒマつぶしにメールをしたり、気を持たせるようなことを言ったりするようになりました。

ビジュアル面以外もちょっと変わった人でしたが、話し相手としてはけっこう面白かったので、一緒にいて好印象ではありました。
(自分に好意があることも分かっていましたしね^^)

この時点では、まだ私の方はそういう対象として見ていませんでした。

元彼のイケメンさんとヨリを戻せないかと画策していました。
(今、書いてて恥ずかしいです^^;)

こんなダメダメな状態から、どのように結婚に至ったのか??
この後の展開はまたの機会に。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)