無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

妹の旦那さんを尊敬する理由&妹の結婚式に参列できなかった姉です。

family

こんばんは、くるみもち(@kurumimochi712)です。

今日は、実家と、その近くにある温泉に行ってきました☆

3年ほど前にオープンした温泉で、一度行ってみたいと思いながら行けておらず、今回が初でした。

以前は熱い湯にゆっくり浸かるのが苦手で、あまり温泉でテンション上がるタイプではなかったんですよね。

最近行ったいくつかの温泉は入りやすい温度のところばかりで、温泉でゆっくり過ごす楽しみを32歳にしてやっと覚えた感じです。
(遅っ^^;)

新設の温泉は比較的ぬるめの温度のところが多い気がしますが、気のせいかな?
(数種類の温度設定の風呂があるところもありますよね)

あ、ちなみに、身バレ防止のために、年明けに歳をとる設定となっています(笑)

プロフィールの変更に気づいてくれた方、いるかしら?
(いないな^^)

※コメント欄ですが、1つの記事だけopenできたのですが、その後うまくいっていません(涙)すみません(。´Д⊂)

スポンサーリンク

妹の旦那さんのこと、尊敬しています。

今日は、実家には、母と妹と甥っ子がいました。

姉はお出かけしていて、妹の旦那さんは、町内会の役が当たってしまったらしく、会合に出かけているとのことでした。

妹の旦那さんは、結婚後、遠方の地元から、こちらの実家に引っ越してきてくれて、こちらで仕事を見つけました。

実家の田植えや稲刈りも、今ではメインで担ってくれており、町内のお付き合いもこなしています。

朗らかでクマさんみたいな旦那さんです。

名前にちゃん付けで、「Mちゃん」と呼んでいます。

Mちゃんは、早めに帰宅したら簡単な料理をすることもあるし、甥っ子の世話もよくしています。

多少、遊び方が手荒いのと(見ていてヒヤヒヤするような振り回し方など。甥っ子は大喜びですが)、厳しくしつけをせず甘やかすので(「○○くん、お母さんは恐いね~」と言ったりする)、妹にときどき怒られていますが(笑)

妹の姑さんはちょっと(だいぶ?)変わった人なんですが、妹が困っているとフォローしていますし、「いい旦那さんだな~」と感じます。

遠方の地に移り住むことを決断してくれた旦那さん。

今の時代も、結婚すると、女性の方が男性の地元や勤務地に行くパターンが多いと思うのですが、その逆ですからね。

地元には友人も多かったようですし、また、上の子とはかなり歳の離れた末っ子でお母さん(妹の姑)はMちゃんを溺愛していたようですし、こちらまで新幹線を使っても3時間以上かかる、未知の土地へ来ることは大きな決断だったと思うんですよね。

私は3姉妹なので、実家を継ぐという意味では、来てくれて本当に助かりました。

別に大した継ぐものも無く、実家の家屋と田んぼや少々の土地、今は母が管理している古い貸しアパートや貸し店舗くらいですが。
(家屋も店舗もだいぶ古いです^^;)

多少商才のあったお祖父ちゃんが築いた財産を、誰かに引き継ぎたい気持ちが母にはあったようです。

妹は私よりしっかりしているので、そこも考えて、Mちゃんと結婚したようです。
(もしくは、結婚後に説得したのか)

ちなみに苗字はMちゃんの苗字なので、いわゆる「マスオさん」状態なのかな?

甥っ子はタラちゃんにあたりますね。

妹の結婚式に参加できなかった私。

姉は病気のために結婚は見込めないのと、妹の結婚当時は私も精神的におかしくなっていたので、妹は、より責任感が強くなったのだと思います。
(ホント、昔からしっかりしていました)

↓この時期に妹は結婚しました。

参考:暗黒時代の奇妙な行動と母の神対応&ハイブリッド型・貯ま~る人間。

たしか、式のときは勤務地のアパートに戻っていて、買い物も行けないので、米だけを食べて一日中寝ていたときでした。

そんな状態で、なんと妹の結婚式に参加できなかったんです・・・。

妹は、神前式で、白無垢も着ずスーツ姿で、10人ほどの身内だけで簡素な式を挙げました。

妹は、私の状態を知っていたので、

「ささやかな式だから、お姉ちゃんは来なくても大丈夫だから。休んでて」

と、ダメポな私に言ってくれました。。

一生に一度のことなのに、このままではいけないと、翌日になんとか起き上がり、Mちゃんの実家のご家族に、挨拶だけしに行きました。
(仕事が休めなかったと、非常に苦しい言い訳をした…。研修医の分際で、んなわけないし…)

一日遅れで到着した私に、妹は、

「よく来てくれたね。ありがとね」

と言ってくれました。

妹は優しいので、「来て欲しかったのに来てくれなかった」というようなことは言いませんが、式に参列できなかったことは今でも後悔しています(涙)

これからも仲良くできるといいな。

Mちゃんの話に戻ります。

こちらに移住した当初は、母との間でビミョーなこともいろいろあったようですし、新しい仕事に慣れず、辛い思いをしていた時期もあったようです。
(価値観の違う者同士が一緒に生活するようになれば、夫婦の間でもいろいろありますから、当然と言えば当然ですが)

少し時間はかかりましたが、今ではすっかり実家に馴染んで、こうして町内の仕事までしてくれていることに感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

私たち夫婦にも、いつも朗らか&穏やかに接してくれて、人付き合いの苦手な夫婦がしゃべりやすいように促してくれます。

まあ、それでもにいやんはほとんど発言しませんけどね(笑)
(いいタイミングで話すことがあれば、少々発言します^^;)

母親をはじめとして、姉に妹夫婦に甥っ子に。

いつも心安らぎ、助けられている実家の面々。

これからも仲良く、やっていきたいと思います(・∀・*)

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)