無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

「せっかくだから」で素泊まり七千円&母子家庭で育った夫へ。

2014.1.2 007

今日は当直勤務の合い間に更新しています。
休日出勤のみなさま、おつかれさまです~(=´∀`)

先週末は半日仕事で、その後にいやんと出かけてきました。

晴れた空の下、ヒツジにエサをやったり、タックルされたり。スワンボートを全速力で漕いで、前方のカップルを威嚇したり。土地の野菜を丸ごと煮込んだ料理を、夫婦で取り合いながら食べたり。

そのまま日帰りで帰れば良かったんですが、調子に乗って1泊してきてしまいました。
(前日に楽天トラベルでポチっとしちゃった…)

素泊まりで1人7,000円。夫婦で14,000円でした。

別途食費もかかったわけで。

1泊2日で、朝はコンビニで700円、お昼はご当地ファーストフード1,600円×2回、夕食はお好み焼き店で3,000円となりました。

あとは、お土産に消えモノ525円×5個(実家・職場など)、プラスガソリン代かな。
泊まったところは豪華ホテル!って感じでも無かったんですけど、お高かったです。
(温泉はついてましたが)

スポンサーリンク

恐ろしいワード。「せっかくだから」

悪い癖なんですが、出かけるとなると、「せっかくだから」思考が出ちゃいます。

2人とも2日空いてる日は滅多にない。せっかくだから宿泊しよう。
当面ここには来ないと思う。せっかくだから○○を食べておこう。
こういう乗り物に乗る機会はなかなかない。せっかくだから乗っておこう。

ってな具合です(汗)

今回のおでかけの予算はいくら、と決めて、やりくりするべきなんでしょうけど。。行き当たりばったりでお金を使ってしまって、帰宅してレシートの山を片づける時に毎回反省します。

今回の旅行で今月のレジャー費は早くも尽き果てました(涙)

この私のキーワード、「せっかくだから」。
自分のためもあるんですが、にいやんのために「せっかくだから」と思うことの方が多いです。

スポンサーリンク

夫の生い立ち。いろいろ経験させてやりたい。

にいやんは、生まれる前にお父さんがすでに亡くなっていました。小さい頃は、お母さん(ここではにいやんの実母という意味です)と母方の祖父母と暮らしていました。

お金の問題があったのかどうかは分かりませんが、お母さんと遠出するようなことは無かったみたいです。出無精なお母さんなので、その性格もあってかな。
(↑出無精については人のことは言えませんが^^;)

そんなわけでにいやんは私と結婚するまで、遠出と言えば伯母さん一家に連れられて何度か旅行したことがあるくらいだったそうです。

夏休みなどの長期休暇もどこにも行ってなかったようで。
(近所のお祭りなんかは行ってたみたいですが)

その反動もあってか、遠方に出かけることがとても嬉しいようです。

妻が怖いので、思ったことを言いにくいようだ。

財布のヒモを締めようとする妻が、「レジャー費がどうこう」「来月はこれだけ使うから」などとチクチク話すので、にいやん自ら「泊まろう」とは言い出しません。
(日帰りで行けそうなところに「行こうか」と言うくらい^^)

こちらがなんとなく察して、「土日休みだし、せっかくだから泊まろうか?」と持ちだすと、「いいの??行く!!」「温泉あるかな??」と言い、顔がホクホクします☆

「温泉につかる」とか「和室でゴロゴロ」がにいやんの好きなワードです(笑)。レジャーを企画するのには、夫の喜ぶ顔が見たいのと、いろいろな経験をさせてあげたい気持ちがあります。

後者は親の気持ちに近いですね(*^^*)
自分が楽しいかどうかは二の次かな。
にいやんが満足していたら私も満足です。←ホントに

2月はさらに遠方に旅行に行く予定なので、またにいやんのホクホク顔が見られると思います。

そのために仕事をしていると言っても過言ではないぞよ。
ほっほ( ̄▽ ̄*)

夫の喜びポイントの考察。

自分のできることで夫を喜ばせてあげられるのなら、こんなに嬉しいことは無いですね。

夫の喜びポイントが、「ものすごく手の込んだ料理を食べたい」とか、「フルメイクでファッショナブルな抜群のプロポーションの妻の姿が見たい」、とかじゃなくて心底良かったと思います。

一緒に出かけることと、大したものでなくとも一緒にゴハンを食べること、一緒にゲームをやること、この3点を押さえていればにいやんの攻略は余裕です(笑)

そうそう、あとはお茶を淹れることかな。

寒い日はコタツに入っているにいやんが、「熱いお茶が飲みたいなぁ~」とコチラの様子を窺ってきます。

私のめんどくさそうな顔を見て、「・・・あとでいいから飲みたいなぁ」と言います。私が「すぐ淹れまんがな!」と立ち上がると、「ありがとう!」とニンマリします。

↓患者さんのおばあちゃんにいただいたお茶っ葉。
0106 001

0106 008

マリメッコの急須で淹れたお茶は格別ですよ(笑)
たんと召し上がれ~。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)