無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

500万の含み損と150万の損切り&失敗から学ばず、過ちを繰り返す。

Woman with headache against rain clouds

こんばんは、くるみもち(@kurumimochi712)です。

今日は2回目の投稿です。

ヒマなのかと聞かれたら、「吾輩はヒマである」と、堂々と答えましょう。

楽天セールで買った植木が大量に届いたので、庭に配置して埋めまくりました。
(大物は宅配してもらえるとホント助かりますね^^)

にい太はにいやんに見てもらっていたので、1人でモクモクと作業。

にい太が産まれる前は、固い土の掘り起こしなどの力仕事はにいやんに協力してもらっていましたが、今は自力でなんでもやります。

ホームセンターで大量に敷石を買ってきて並べるとか、ケルヒャーで家の外回りを掃除しまくるとか。

虚弱な体は筋肉痛でガタガタです(。-∀-)イテテ

スポンサーリンク

世界同時株安で私の資産は激減。

昨日の記事にうっすら書きましたが、秋から今年の2月にかけて、株の暴落でとんでもない目に遭っていました。

産休に入る前から仕事がゆるくなり、時間も気持ちの余裕もできたので、平日はデイトレードをし、数日で決済するスイングトレードも始めました。

ありがちですが、初めはトントン拍子に儲かったんですよね。

それで投資に回すお金を増やしていたところに、チャイナショック、原油安、世界同時株安が襲ってきました。

タイミングが悪かったのもありますが、ハイリスクなトレードに大金を突っ込んでいたこと、そしてリスク管理ができていなかったことが資産を激減させました。

損切りルールなどキチンと設定せず、また損切らないとダメだと思い始めても、一方で「また上がるんじゃないか?」なんて甘い考えで、ずるずる含み損を大きくしてしまいました。

で、いよいよどうしようもなくなってから莫大な損切りをせざるを得なくなると。
(もしくは超長期で含み損に耐える生活となり、新たな投資ができない状態になる)

初心者にありがちーーなパターンです。

上昇相場しか知らなかったのも敗因。

頭では分かっていましたが、実際体験してみると、本に書いてあったとおりの愚行を冒していました。

私の場合、本もそこそこ読んでいて、優待銘柄中心ではありますが、そこそこ取引もしてきていたので、そこまで初心者じゃないはずなんですが、知識や経験も活かされないとムダですね。

アベノミクス相場が始まってからの上場相場しか知らなかったのも大きいです。

多少下げてもまた戻すんでしょ??
含み損が含み益になってから売ろうっと。

そしたら、

アレ?なんか下げ止まらないんですけど??
アレアレ??含み損、すでに500万くらい行ってますけど??

冷静に対処できず、ただただ瀕死のポートフォリオを眺めるだけの日々でした。

わけわからんチンになってました。

年明けは回復してくるだろうと楽観的にいたのですが、淡い期待は打ち砕かれ、日経平均は地獄に向かって落ちていきました。

スポンサーリンク

夫にはとても打ち明けられない含み損に。

にいやんにはうっすらと、

「株がえらいこっちゃ~」「節約しなきゃ~」「にい太が6か月になったらバリバリ働いて稼がないと~」

などと言っていましたが、リアルな数字はとても言えず。

にいやんが卒倒しそうだったので(;・∀・)あはは

にいやんは

「含み損?30万とか?(´・ω・`)」

とのんきなことを言っていましたが、

「う~~ん。まあもうちょっとかな~(;´д`)」

とごまかしていました。

含み損への耐性。

ちなみに含み損が30万だったら、私全然平気ですから(笑)

もちろんイヤですけど、本職で一か月稼いだら賄える額だとあまりメンタルにきません。

100万を超えたあたりから、ヤバい気がしていましたが、動けず。

含み損にどれだけ耐えられるかは、総資産の金額と、含み損の株への投資額に占める割合にもよるでしょうね。

私の場合、投資額の3分の1は余裕で超えていました。
(どんだけハイリスクな銘柄に大金を突っ込んだんがか^^;)

暴落中も仕事をしていたら毎月給与が入るので、あまり気にしなかったかもしれません。

しばらくはにいやんの給料と私の育休手当で収支はギリでトントンの生活になる見込みだったので、このまま日経平均が10,000円に近くなったら・・・と、ゾッとする想像をしていました。

さらなる下落を想定して、一部を損切り。

年明けにまだまだ下がる見込みと知り、150万ほど損切りしました。

あーあ。やっちまったよ。

ってなもんですよ。

何か月仕事したらチャラになるかを計算してはため息をついていましたね。

それでもまだ400万近くの含み損状態でした。

私が集中投資していた銘柄は、新興ですが、丹念に調べた上ですごく良い会社だったので、含み損に耐えて保有し続けることにしました。

ある程度の下落の段階で、一度損切るべきでしたが、できなかったので、もう仕方ありません。

全然過ちから学んでいない。

その後、日経も、最低単元で持っていた優待銘柄も、上記の超含み損の銘柄も少し持ち直してきました。

そこで私はまた調子に乗って、リスクの高いデイトレ~スイングトレードを始めました。

・損切りラインを決めて、守ること。負けてもいいので負けの額を大きくしないこと。
・高値掴みをしないこと。上昇トレンドの銘柄でも押したときに買うこと。
・投資の機会はいくらでもあるので、固執しないこと。
・リスクオフの情勢はしばらく変わらないので、キャッシュポジションを多めにしておくこと。

本をたくさん買っては読み、上記のようにいろいろ考えたのに、全然守れず。

含み損をたくさん作っては助かるまで待つ、みたいなことをしてきました。

それでも儲かっていたのですが、そこへ昨日の日経ドカ落ちです。

50万超を損切りし、2週間くらいの利益が飛びました。

反省します。

マイルールを決めて守ること。

次回に続きます。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)