無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

嘘でしょ?確定申告で納税30万円&受付期間は過ぎ、書類は水没。

gowegve

こんばんは。
確定申告の期限が迫りつつありますね。

申告が必要なみなさま、もう手続きは終えられましたか??
私はネットの作成コーナーで書類を作りました。

結果は最悪…(涙)

0313 082

309,500円を追加で納税しないといけなくなりました。
しくしく(´;ω;`)

むしろ、住宅ローン控除とかで、いくらか戻ってくると思っていたくらいなのに。。

スポンサーリンク

確定申告と過保護な母親。

今日はその確定申告に行ってきました。
母が手続きに付いて来てくれて、その後にお茶するという予定でした。

母は心配性で過保護です。
私が期間内にちゃんと申告に行くか、ちゃんと手続きできるか心配なのです。

昔から私は何をするにも腰が重くて、とくに公的な手続きをギリギリにしがちです。凡ミスも多いし、常識知らずなところもあるので、しっかり者の母からすると大変危なっかしい存在のようです。

先日の記事にも書きましたが、体調が悪いと知ると、「病院に付いていこうか」と、いい大人(31歳です^^;)に言ってきます。

庭の雑草に困っていると話したら、うちに来るときに軍手を持ってきて、雑草を抜いていました。たくさんおかずを作っては、クーラーボックスで持ってきてくれたりもします。

幼少のころから手をかけてもらいすぎて、こんなトシになっても多大にお世話になっているというのが、どうかと思う一方で、母が私に関わることで喜んでいるのも感じるので、もうしばらくものぐさな自分でいてやろうと思ったり(笑)

母が過保護過ぎて、ぐうたらな人間になってしまったのか、
根っからのぐうたらなのかは不明です。
わはは( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

あれ?予想外の事態に間抜けっぷりを発揮。

今日は大雨でした。
お昼に仕事を終えて、我が家で待ち合わせ。

母の車に乗り込んで、確定申告会場に向かいました。
もう2回、申告に訪れているので慣れたものです。

しかし、「あそこが会場だから」と、意気揚々と指差した先は、なんだかシーーンとしていました。

例年なら大きな看板が立っているはずなのに、何も無い。

大雨のせいかなと思って、館内に入るも、確定申告のお知らせらしき案内が無い。いつもは4階の会場だったな、と思い、4階に上がってみるも、シーーンとしていて誰もいませんでした。

職員さんらしき人の姿を発見したので聞いてみたところ、

「こちらの会場での受付は、○日に終了しましたよ」と。

なんですとーーー!!
((((;゚Д゚))))

一緒にいた母も唖然。

今日も間抜けっぷりを発揮してしまいました。

17日までが期限だということは知っていたので、余裕でいたのに。まさか。。
大元の税務署では受付しているようでしたが、移動が間に合いません。明日も月曜も仕事ですし。

そうなると、書類を送付するしかないとのこと。

なぜ。なぜこんなことになっちまうの?

私と母は、豪雨の中、車に戻り、封筒を買いにコンビニへ。
小移動のはずが、すでに二人ともびしょびしょ(笑)

次は郵便局に。

申告書類と、買ったばかりの封筒を手に、「行ってくるから、待ってて!」と、車を降りました。

ジャブッ!!

車の扉を開けたら、そこは水たまりになっていました。
ブーツが半分位浸かってしまいました。

それは別に良かったんです。

問題は、手に持っていた書類と封筒が、水たまりに沈んでしまったこと(涙)

書類はクリアファイルに挟んでいただけだったので、中身が直に水に触れてしまいました。

急いで取り上げましたが、とき既に遅し。
うっかりものの自分に泣きそうになりました。

母が降りてきてくれて、郵便局内で書類をタオルで拭きました。ネットの申告コーナーで作成したデータをプリンタで印刷したものなので、水でインクが滲んでしまい、「これもうダメかも…(涙)」とウジウジしました。

そのときも母が「読めるから大丈夫!」と言ってくれ、メソメソしながらも郵送手続きを終えました。

ムダな出費と、更なるミスに呆然とする。

私とにいやん分で、簡易書留、960円でした。
近所の会場の受付期間に行っていれば必要無かった、ムダな出費です。

さらに、上記の不足分の納税をしなければならなかったのですが、ATMでおろしてくるつもりでいたのに、なんと、ゆうちょのキャッシュカードを家に忘れてきていたことに気づきました。

もう。
アホ過ぎて、声も出ねぇ。。

アンタ、今日は何をするつもりで来たの??って感じですよ。

母が「いったん家に戻って、また来ようか?」と言ってくれましたが、心が折れて、明日にいやんに納税の手続きだけしてもらうことにしました。

こんなどうしようもない流れで、私に呆れて、確認不十分なことにイラっときてもおかしくないのに、母は「アンタらしいな(笑)」と笑って済ませてくれました。私は母みたいに心が広くないんですけどね(笑)

にいやんが同じようなことをしでかしたら、プリプリすると思いますもん。

こういう話題って、「母親は過保護で甘やかしすぎ」、「子供の方はもういい大人なのに未熟」と思われると思うのですが、こんなグダグダ状態が、今の私たち母娘のコミュニケーションなんです。

何かやろうと思ったことをスマートに行えない私ですが、今後は母のサポートをするくらいにならないとな、と思います。

声の大きい親子。母からアドバイス。

一連のことが終わり、カフェで休憩しました。

母からは、体調のことや、太陽光発電を始めたこと、妹夫婦の話題など。
私からは、体調や仕事のことや、にいやんが泣いた話(笑)など。

母は声が大きいです。

私もそれにつられて声が大きくなるので、カフェの一角で、かなりの騒音を発していたと思います。

今、仕事上の身の振り方で悩んでいます。

母はそれぞれの選択肢のメリット、デメリットも考えてくれた上で、私のいい経験になる方を選択するように勧めてくれました。

まだ悩みは続きそうですが、その内容を今後、ブログでも書いていきたいと思います。

・・・ってなわけで、

最悪だったけど、母の良さを改めて感じた一日でした!!

最近、腰痛が出てきました。左の方が超痛くて、眠れないくらいです(涙)運動不足に姿勢の悪さ。原因ははっきり分かっているのに改善するための行動をなかなか起こせない私です。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)