無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

体にまつわる深刻な悩みごとを告白します&サルでも分かる治療法。

beoweove

こんばんは。
今日は当直してます。

今はヒマしていますが、日中は仕事が次から次に湧いてくる感じで、アタマがぐわんぐわんしてきて、早く5時になれ、と念じていました。

ちょっと浮上していたのに、なんだかまたダメになってきました。

どうしてこんなにウジウジと思い悩むタチなんだろう。
能力が低いくせに努力が足りない。

自分に嫌気がさします。

そんなウジウジクソ野郎の私ですが、年明けから深刻な体の悩みごとが加わりました。

そのことを何度か記事にしているのですが、詳細は辛くて書けませんでした。ショックからある程度時間が経ち、このことに関しては諦めも付き始めたので書きます。気持ち悪い表現があるので、読みたくない方はここで閉じてくださいね。

その悩みとは、

髪の毛が薄くなってきたことです。

え?なんだ、ビックリした。
そんなの大したことないでしょ?気のせいじゃない?

・・・って、思いますよね??

マジです。
けっこう進行しています。

スポンサーリンク

薄毛になってきた経過を振り返る。

今思えば、秋頃から、髪を洗うたびに、髪を乾かすたびに、ゴソォ~ッっと抜けていました。

髪を乾かした後は、美容院でそれなりに髪を切った後のように、床に髪の毛が散らばっていました。落ちた髪はいつもモップで掃除していますが、なんだか増えたなぁと思っていました。

お風呂にプラスチックの容れ物があるんですが、そこに抜けた髪の毛をまとめて、そこに入れ、溜まってきたら捨てていたんですよね。秋ぐらいからは、抜ける髪が多すぎて、数日もすると、容器から髪の毛がモコッと溢れ出てきました。

めっちゃ怖いですよ。
ホラーです。

どうでもいいんですが、そのプラスチックの容れ物を「サダコ」と呼ぶことにしました。

スポンサーリンク

気のせいだと思っていたけれど。。

初めは気のせいだと思っていました。髪がけっこう伸びてきていたので、抜けている量は同じだけど、見た目に多くなっているのだと。

それが確信に変わったのは、にいやんの指摘でした。

「ちょっと抜けすぎじゃない?(汗)」

たぶん、ずっと前から感じていたんだと思います。
放っておいたら大変なことになると思って、言ってくれたようです。

女性に抜け毛のことなんて言いづらいですもんね。

指摘されたときは、自分でも「なんか変だな?」って思っていたので、それが決定的なものになり、ショックでした。それ以降は、この悩みが気になって、考えすぎて、そのストレスでまた抜けている気がします。

ハッキリ言って、頭皮が透けています。
オデコから頭頂部にかけて。

風が吹いたり、汗をかいたりすると、悲惨です。
見てられません。

仕事中も気になってしんどい。

白衣のポケットに手鏡を忍ばせて、仕事の合い間に何度も鏡を見るようになりました。髪の毛が大変なことになっていないかの確認です。

出勤して、車から病院への移動すら恐怖になってきました。風雨にさらされる恐れがありますので。

仕事中も、誰かが気づいたんじゃないか、アタマに注目しているんじゃないか。ふと、こんな考えがよぎって、疲れます。

今までだって、対人緊張が強かったのに、それが悪化しています。どうして、こんなことになっちゃったんだろうと悲しくなります。

先週、にいやんの前で泣いてしまったのも、このせいです。

参考:悲しくて悔しくて、めちゃくちゃ泣いた夜&夫の反応に引いてしまう。

外出が怖くなって、友人との約束をキャンセルせざるをえなくなって、その理由を友人にメールしたんですが、抜け毛のことを文章にしたら悲しくなってきて、思わず泣いてしまいました。

なんにも悪いことはしていないのに、どうしてこんな酷い目に合わないといけないのかって。「気にしないこと。また生えてくるよ」って、思いこもうとしましたが、現実は厳しそうです。

コンプレックスがMAXです。

もちろん命に関わるような事態では無いですが、コンプレックスだらけの自分に、最強のコンプレックスが追加された感じです。

お肌がぼろぼろなことよりも、デブっていることよりも、一番の悩みが「薄毛」ってね…。

私、まだ31歳なんですけど~!!
ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

ネットで検索していると、20代~30代の女性でも悩んでいる人はいるみたいで、辛いだろうな、と思います。

薄毛は男性も辛いでしょうが、笑いにできなくもない。
女性は自虐ネタにしても、誰も笑えないですから。
そんなことをネタにして言われたら、むしろ引くでしょう(汗)

先日、にいやんの勧めで病院に行ってきました。

そんなことはサルでも分かるわい。

カウンセリングをしてくれたお姉さんと、診察してくれた女医さんからのアドバイスは、

睡眠と、ストレス軽減と、栄養と、ヘアケア。

サルでも分かるような対策法しかありませんでした。

「効果が得られるかどうかは分からないし、効果が出るとしても半年はかかる」という、内服薬と、サプリメント、外用薬をもらいました。

これらが、1か月分で3万円超とのこと。

まじか。

節約とか全部水の泡じゃない??
たくさんの人が病院に来ていましたが、みんな毎月3万円の出費に耐えられるんでしょうか??

恐ろしすぎる、トドメの一言。

そして、女医さんからのトドメの一言が、

「薬をやめたら元に戻るので、飲み続けないといけません」

ですとーーー!!

一生、毎月3万円ですか??
自力で髪の毛を増やす&維持するのが不可能なら、ヅラでも被った方がいいんじゃないかと。

ちなみに、心配性な母は、「医療用のかつらもあるし、作りに行くなら付き添うからな」と言っています。

これから私の外見はどうなっちゃうんだろう?
すでに老けていたのに、ますます老けそうです。

10年間治療を続けたら、360万円。20年続けたら…。
この状態で前向きにいられる人は、まずいないだろうと思います。。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)