無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

久しぶりにクスリに手を出した件&手取り80万で赤字20万のDINKS。

frr

こんばんは。

なんだか今朝からドッとしんどくなりました。

寝る前より疲れてる感じ・・・(´台`;)ぬぁ

調子に乗って、新しいブログを作ったり、仕事も必要以上に燃えていて、いろいろ張り切っていた反動でしょうか。

スポンサーリンク

久しぶりにクスリに手を出した件。

勤務時間は出稼ぎが増えたとは言え、プラス5時間ってところですから過大なストレスとは言えないです。

家事はクソ手抜きですし、プライベートで家族以外との予定なんて皆無ですからね。

周期的なものでしょうか。月のモノは終わったばかりなんですけどね。

久しぶりに勤務前に抗不安薬を飲みました。

私の毎日は、何より仕事が優先で、帰宅してからは、ただ過食をしながら「真っ白」になっている日も増えたような。

週に6日勤務して、当直は週に1~2回ってとこですけどね。
(6日のうち、2日は4時間ほどの勤務です)

人間の回復力ってのに感動した件。

今日の外来で、しばらく家の都合で受診できていなかった患者さんが今日久しぶりに受診されました。

前回受診されたときにかなり調子が悪かったので、心配してたんですが、今日お会いしたら意外に元気そうで、しかもご自身の力で立ち直った様子だったので感激しました。

「私、なんだか強くなったみたいです」って、キラキラした目で話しておられました。

人間の「良くなる」力ってのは、すごいです。

私のちっぽけな回復力にも期待しよっと。
とりあえず大事なのは、適度な食事と良質な睡眠ですな。

スポンサーリンク

夢の「DINKS」期をどう過ごすか??

みなさんの家族構成、働き手の構成はどんな感じですか??

我が家は、去年の4月から子無し&共働きの状態です。
(その前の一年は、にいやんは学生で、私一馬力でした)

夢のDINKS!

イコール、稼ぎどき、貯めどきになるわけです☆

稼ぐなら・・・貯めるなら・・・
今でしょ~っ(*´∀`)!!

もはや過去の遺物となりかけている、某先生の決め言葉を、パクらせていただきました。
(金スマで見ましたが、奥さんは産婦人科の美人女医さんです。私はカテゴリが同じなようで別の生き物です^^;)

大好物☆横山光昭さんの家計診断。

昨日、ネットサーフィンをしていたところ、マネー雑誌、「ダイアモンドザイ」のサイトを発見した私。面白くて読み漁ってしまいました!

出版業界のみなさんには申し訳ないけれど、雑誌を買わずして、サイト記事だけでおなかいっぱいになるくらいの充実ぶりです(笑)

今回は、有名なFPの横山光昭さんの興味深い記事のご紹介とともに、4月以降はDINKSになる私たち夫婦の家計を見直します☆
(以前も書きましたが、横山さんは好きなFPさんの一人です。個人的には、参考になる点、頷ける点の多い方です。)

まずは、参考にした記事のご紹介から。

参考:外食や趣味にお金を使い過ぎ、“二馬力”のメリットを生かせない夫婦が多い!

共稼ぎ、もしくは、一馬力で高収入の、お子さんのいる家庭で、食費、保険料、レジャー費、教育費など、すべての項目がちょ~っとずつ多くて、予算オーバーしてしまう&貯蓄ができない、という例は家計相談などでよく見かけます。

今回の家計相談はハイレベルなり!

でも、今回の例はレベルが違います!!
DINKSなので、子どもがいないわけです。

子どもにかける支出は無し。なのに、

夫婦2人で、手取り80万円を使いきって、20万円の赤字が出るというツワモノです(汗)。

よかったら、連載記事の2ページ目の表を見てください。

緑色で色分けされている費目は、誰が見ても「ウーーン??」となりますが、その他の費目も私的には「ウーーン??」です。

設定が都会に住んでいる人なのかもしれませんが、この手取りでも住居費20万円は「高い」と感じてしまいます。
(個人的な感覚ですので、これが普通だという人もおられるでしょうが。手取りの約25%なので割り合い的にはセーフなのかな^^;)

車は、現金一括払い派なので、ローン無しか、もっと少ないローンで買えるようにすべきだと思ってしまいます。
(まだ、自分の貯めたお金で車を買ったことのない若輩者ですが)

我が家の家計の問題点は、主に、食費ですが、今回のように、段違いに問題のある家計を見て、「うちはそうは言っても健全な家計なんだな」と客観視できました。

油断は禁物ですが、横山さんも「キチンと貯蓄できている以外で、お金を振り分けられていたら良い」と書いていらっしゃったので、少々安心しました。

ある意味、感心しちゃうわ。

しかし、赤字になってまで散財できるのは、ある意味スゴイなと感心します(汗)

貯蓄無しで毎月すっかり使い切るなんてコワイこと、私にはできません(^_^;)

加えて、このように高収入な方は、ある程度の教養はある方が多いと思うのですが、FPさんに相談するまでもなく、家計の問題点に気づかないものなのかと疑問です(?_?)

一度沁みついた贅沢や見栄から抜け出せずに、うすうす問題だと感じながらもスルーしてしまっているのかもしれませんね。

もしくは、別ザイフで、夫(妻)が貯蓄しているだろうと楽天的に考えているとか。

横山さんによると、DINKSの家計管理方法は、次のようなパターンが考えられるそうです。

①お互いの収入を全て合算して、それを予算分けしていく
②とにかく夫は妻にお金を渡してしまい、妻が自分の収入とあわせて全て管理して、夫はお小遣い制にする(夫婦の役割が逆でもOK)
③1人の収入で生活し、1人の収入は全て貯金する
④お互いに、一定の額を拠出して「家のお財布」をつくり、生活費はすべてそこから。一定の拠出額以外は、各々がすべて自分のお金として自由にする
⑤費目の分担だけ決めてあとは自由(家賃は夫、光熱費&食費は妻、等)
⑥何も決めない

⑥以外はどれでもOKとのことで、それぞれの家計管理法についての注意点が追記されていました。

④は、個人的にはNGだと思っていたので意外でした。

このケースでは、収入に差がある場合、片方だけがお小遣いをたくさん使ったり、貯蓄したりといびつになるんじゃないかと思いました。

一定額の貯蓄ができていれば、応能応益でいいのかもしれませんが、最後のまとめにあるように、夫婦が同じ目標に向かって協力していく、というスタンスでいくなら、①②③あたりがいいのでは、と思います。

各家庭の考え方があるでしょうが、家計管理がうまく行っていなくて、配偶者とキチンと話し合えていない人は、「こんな記事を見つけたよ!」と一緒に家計サイトを見るのも一案かもしれません。

家計の健全化はいつやるか??
今でしょ~っ(*´∀`)!!

もう、日常生活では使いづらいフレーズを連発させていただきました。

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)