無趣味で人付き合いが苦手な女医の家計簿

地方在住。ひきこもり女医のブログ。弱音も収入も晒してます。

私立医学部の学費は目玉が飛び出る&あなたの借金、肩代わりします。

fwveo

こんばんは。

先日の真面目シリーズ3部作、たくさんの方に見てもらえたようで良かったです。
(③が一番よく読まれていて、5,000PVを超えています)

参考:③金スマ、近藤医師が危険すぎるワケ&実際に「放置」した人の顛末。

小心者なので、ちょっと心配していましたが、とくに批判のコメントもありませんでした(*´∪`*)ホッ

SNSで新たにフォローしてくださった方もおられて嬉しいのですが、普段はお金関係か自虐の話ばかりなので、「あ、なんか違うな」と思われた際はそっとフォローを解除してくださいませ☆

それから、ヤフーメールの障害で、9月30日~10月3日の間はメールを受診できない状態でした。

メッセージをくださった方、もしおられましたら届いておりませんので、何かあれば再度ご連絡ください(。´Д⊂)うぅ

10月4日以降は届いていますので、ゆっくりお返事しますね。

スポンサーリンク

とある医学生さんからのメッセージ。

近藤氏への批判記事に対して、とある医学生さんからメッセージをいただきました。

以下、抜粋です。

私は医学を学び始めて3年目になります。
実際、私も番組を見ていたのですが、お恥ずかしながら、近藤氏が極論しか述べていないということに気づけませんでした。
番組後、母から電話があり、やはり氏の発言に大きな影響を受けているようでした。
医学をかじっている自分が見抜けないのだから、何も知らない母が影響を受けるのは仕方のないことだな、と思いました。
患者さんがガンとわかった時、最終的にどうするか選択するのは患者さん自身だということ。それを尊重し、できる限りの援助をすることは医療者として当然だと思います。

真実と虚構をうまく配合して人を丸め込む、頭のいい人が世の中にはいます。

とくに医師の場合は、罪が大きいと思います。

医学生さんとそのお母様が、間違った認識を持たずに済んだことに安堵しました。

私立医学部は学費が莫大。

このメッセージをくださったのは、医学生のYさんで、ブログを書いてらっしゃいます。

参考:貧乏医学生の日常

医者になるため再受験し、今は私立医学部に在籍して、勉強に励んでいらっしゃるようです。

ご本人も書いておられますが、私立の医学部の学費は目玉が飛び出るような額です。

私は幸い国立に受かったので、年間50万円の学費で済みましたが、国立に落ちていたらどうなっていたのかと思います。

当時はまだ父親がいて(離婚前)、中流家庭より少し裕福だった気がしますが、それでも奨学金を借りないと、とても高額な学費を払えなかったでしょう。

Yさんは、奨学金と、いろいろあって背負ってしまった借金、併せて2,000万円の借金があるそうです。

すごいです。。。

しっかり勉強しておられるのはもちろん、家計管理もきちんとしておられるようで関心します。

私の大学時代の同級生にも、家庭の事情で、奨学金を借り、生活費の全てをアルバイトで稼いでいる子がいました。

勉学やお金のことで、ひどくプレッシャーに感じることもあったと思います。

そんな6年を過ごし、みんな無事に国家試験にも合格して、今は各地で働いています。

Yさんも、無事に卒業され、ステキなお医者さんになられるよう応援しています。

あなたの借金、肩代わりします?

ところで、Yさんの借金のほとんどは奨学金だと思うのですが、第2種も借りられているそうで、これは第1種と違って利息がかかるタイプのようです。

いくらくらいなのか記載はされていませんが、私のできる範囲で出資させてもらうのはどうかな、と思いました。

利息を払うのはほんとに馬鹿らしいので、無利息で貸せたら、Yさんも負担が減るかな、と。

私も家の頭金を支払って資産が減ったので、生活防衛費を除いた額となると、さほど大きなお金は出資できませんけどね。

ただ、見ず知らずの人に、

「借金、肩代わりします」

と言われたら、まあ、コワイですよね(笑)

詐欺とか、アブナイ話だと思われますよね。

そもそも、無利息で貸すのは「肩代わり」とは言わないですかね。

人と交流するのは苦手なので、直接会わずに、賃借文書(?)を作成することができるなら、その作成も少額でできるならアリかなぁ、とか。

貸すリスクについては、Yさんは、お金で痛い目に遭ったことがおありなので、金銭感覚がしっかりしてらっしゃるので大丈夫かなと。

FPの横山さんが言っていた、「貯蓄できる人は(1)そもそも物欲や、お金のかかる夢があまりない(2)若いときにお金で失敗もしくは改心させられる出来事があった――のどちらかに当てはまることが多い」ってやつの後者ですね。

参考:暗黒時代の奇妙な行動と母の神対応&ハイブリッド型・貯ま~る人間。

Yさん、勝手なことを書きまくってすみません(汗)

この方のブログを以前お見かけしたときから、そんなことを考えていたんですけど、アブナイ人だと思われるだろうとスルーしていました。

・・・やっぱりコワイかな( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

ただいま現実逃避中です。

私事ですが、現在、日本を離れて現実逃避中です。
(これは予約投稿です^^)

1週間ほど不在です♪

年間5日の有給休暇があるので、年に1回は長期の旅行に行っています。

一般的には、有給休暇って、勤務年数が長くなればたくさんもらえるものなんですか??

にいやんがそう言っていましたが、私の勤務先は毎年5日分のみです。

これは医師だけなのかな?

人との交流が乏しくて、他の職種のこと知らないんですよね(汗)

退職する前に、有給休暇の消化で1ヶ月休むとか聞きますので、そうなんでしょうね。

海外旅行に行く理由。

以前にも書きましたが、私はとくに長期休みが取れるからといって、「海外旅行行きたいっ!!」「青い空、青い海!!」「世界遺産!!」「免税店でブランド物っ!!」などと思わない人間です。

欲求が湧き上がってこない、とろ火人間です。強火にはまずなりません。

海外旅行に行くのは、にいやんの思い出作りのため、にいやんの楽しみのため、というのが大きいです。

あとは、お金の使い道が無いので、こういう機会に散財して、「貯めるばかりではなく、メリハリをつけて、使うときは使うステキ主婦」を気取るためです。←何のために?(汗)

参考:恒例の海外旅行とお金で解決する夫婦&夫の気変わりで100万円超!?

学生時代は積極的に出かけてました。

何カ国行ったことがあるとか、誰も行っていないところに行ったとか、自慢したり。←やなやつ

休みが予定で埋まっていることに優越感を感じてましたね。

人は変わるものですなぁ。。

今の私は、自宅でうじうじくすぶっているのがお似合いだす。←誤字じゃないよ

旅行から帰ってくるまで、ちょいちょい予約投稿しているので、通常よりライトな記事になりますが、また遊びに来てくださいね☆

読者さんへのお土産も物色してきまする~(*´台`*)うほ

    
スポンサーリンク

シェア嬉しいよ~&ランキング参加してるよ~(*´∪`*) フォローして更新情報を拾ってね~&ヘボツイートもヨロ(っ´ω`c)



  • follow us in feedly

  この記事の関連記事もどうぞ d(`・ω´・+)